【Wedding】韓国フォトウェディング衣装&ヘアメイク編

撮影当日は、アジェリーナの通訳スタッフさんが迎えにきてくださり、
私たちが選んだカウルスタジオまでタクシーで向かいました。


朝一番しか予約が取れなかったこともあり、スタジオにはまだポツポツとしかスタッフさんもおらず、のんびりヘアメイクが始まりました。



スタジオのスタッフさんは基本日本語が通じませんが、アジェリーナの通訳スタッフさんがずっと側で訳してくださるので安心です。

私自身は少し韓国語がわかるので、通訳さんが他の方と話している時などはスタッフさんと直接お話ししましたが、
どのスタッフさんも韓国語や英語を交えながら気持ちよくコミュニケーションを取ってくださいました。


韓国フォトウェディングで気になることと言えば、
メイクがすっかり韓国風になってしまうことが挙げられます。
しかし、私の担当してくださったメイクさんは、
濃いめかナチュラルか、
甘めかクールめか、
チークはピンクかオレンジか、
など、細かく要望を聞いてくださいました。

私は特に希望がなかったのですが(笑)、
当日むくみがすごかったので
目を大きくしてくださいとだけお願いし、
ヘアと合わせて1時間半ほどで仕上げてくれました。


普段5〜10分でメイクを済ましてしまう私からすると
ほんとに丁寧に仕上げてくださり、
この後の長丁場の撮影後も全然崩れておらず
技術に感動しました。



一方、彼は肌質を整えてもらい、
分け目もすっかり韓流スターになっていましたが(笑)




その後はドレス選びです。



朝一番ということで、どのドレスでも選び放題!
昼〜夕方にかけて撮影が立て込み、誰かが着るドレスはその時点で抑えられてしまうため、この点はラッキーでした。

私の申し込んだプランはホワイトドレス2着、カラードレス1着、ミニドレス1着を着れるとのことで、
シフォン素材のAラインドレス、サテン生地のスレンダードレス、ウエストが斜め切り替えになっているネイビーのカラードレス、オーガンジー素材のミニドレスを選択。


決める際は、付け外しできるボレロを合わせてくれたり、選んだ中で生地感が被らないように考慮してくれたりしながら計9着ほどパパッと試着させていただき、その中からすんなりと決まりました。


タキシードはあまりバリエーションが多くないものの、撮影の際はセットによって小物をチェンジしたりジャケットを替えたりして変化をつけてくれます。


では、いよいよ撮影です!

Spice of Life

人生のテーマは”ワクワクをプロデュース”♡ 韓国ソウルをはじめ、 日本国内、世界中で見つけた ワクワクを綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000